トップ > コラム >戌井昭人の想い出の音楽番外地 > 第二十回 なんだかわからないけど叙情的で心に響くアスマハンの歌

asmahan.jpg
 
 言葉の意味なんてわからないけど、なんだか叙情的で、聴いていると感傷的になってしまう。そのような音楽ってたくさんありますよね。そもそも洋楽なんてのも、自分は、外国語がわからないですし、なにを聴いてそのようになっているのかと申せば、それはメロディだったりするのかもしれません。でも、それだけではなくて、唄っている人の声だったり、感情表現だったり、言葉を超えて響いてくるものがあるからなのでしょう。でもこれ、音楽を聴く上では、あたりまえのことですね。だから、いろんな国の音楽を聴いて、感動したり楽しんだりすることができるわけで、やっぱり音楽って、人種、国境を超えて、素晴らしいものだと思う次第です。
 このようにあたりまえのことを申しておきましたが、その中でも究極に、まったく言葉はわからないけれど、叙情的で、心にズシンと響いてくる音楽を、今回は紹介したいと思います。
 それは、歌姫アスマハンの音楽、『BEST OF ASMAHAN』です。アスマハンは、レバノンで生まれて、エジプトで活躍し、若い頃に亡くなっているそうです。わたしは、このくらいの情報しか知りません。
 アスマハンを知ったのは、『サバイビング・モロッコ』という映画をDVDで見ていたときでした。その映画で主人公が、うらぶれた店に入ったら、アスマハンの「Ya Habibi Taala」という曲が流れていたのです。
 なんだこの曲と思ったわたしは、iPhoneに、「この音楽なに?」と問いかける機能のやつで、訊ねてみたところ、アスマハンの「Ya Habibi Taala」だと知りました。それから、ダウンロードで、『BEST OF ASMAHAN』を購入して、何度も聴くようになりました。対訳の歌詞もないし、なにを言っているのかよくわからないけど、とにかく叙情的で、わたしは、なんだかわからないけれど、いつもその気になって(でも、その気が、なんの気なのかもわからないまま)感傷的になっていました。
 その後、いろいろ調べて、どうも、恋人のことを唄っているとわかったのですが、それ以上のことはわかりません。とにかく、感傷的になれるのです。
 モロッコに行ったとき、街中で、この音楽をよく耳にしました。日本で言うと、美空ひばりのような感じなのでしょうか、アラブ系の人たちは、みな知っているようで、あたりまえに街に流れていました。しかし、わたしは、この音楽を聴くと、意味もわからないくせに、感傷的になってしまうという、パブロフの犬状態だったので、街を歩いていて、耳にすると、いつも「わたしは、なんでこんなところにいるのだろうか?」といった感じになってしまうのでした。
 みなさまも、『BEST OF ASMAHAN』を聴いて、いい意味で、暗い感じになって、到来した冬をやりすごしてください。
 
戌井昭人(いぬいあきと)/1971年東京生まれ。作家。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で脚本担当。2008年『鮒のためいき』で小説家としてデビュー。2009年『まずいスープ』、2011年『ぴんぞろ』、2012年『ひっ』、2013年『すっぽん心中』、2014年『どろにやいと』が芥川賞候補になるがいずれも落選。『すっぽん心中』は川端康成賞になる。他に『俳優・亀岡拓次』などの作品がある。
BEST OF ASMAHAN

レーベル: ビーンズ・レコード/アオラ・コーポレーション

amazonで購入

ディスク:1
1. Ya Habibi Taala El Haani 恋人よ来ておくれ
2. Farrak Ma Beïna 何故離れているの
3. Kilma Ya Nour El Ouyoun 輝く瞳よ、教えて
4. Ahwa 愛しています
5. Ya Layali El Bichar おお、夜の女神よ
6. Layta Lel Barrak 不屈なる瞳の輝き
7. Konti El Amani かつての希望
8. Aleik Salat Allah 神の祈り手
9. Riji' Tilek 貴方のもとへ
10. Ahla Binour El Aïn [with Farid El Atrache] 最も美しく輝く瞳
11. El Chamss Ghabet [with Farid El Atrache] 太陽が真実を照らし出す
12. Ya Layali El Bichar おお、夜の女神よ

ディスク:2
1. Farrak Ma Beïna 何故離れているの
2. Naoueït Adari 苦しみを押し隠して
3. Riji' Tilek 貴方のもとへ
4. Ya Touyour ああ鳥よ
5. Dakhalti Marrah 庭に入ったその時
6. Emta Hataraf いつ気がついたの?
7. Askiniha 杯を満たしたまえ
8. El Ward 薔薇
9. Ayouha Al Naem おお、眠りについた者よ
10. Yalli Hawak ああ、愛よ
11. Ana Elli Astahel 残ったのは私に値するものだけ
12. Layali El Unse Fi Vienna


連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 清亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!