トップ > コラム >戌井昭人の想い出の音楽番外地 > 第十八回 感動疲れするのでまた一年後に聴きたい、シベリウスの「アンダンテ・フェスティーヴォ」

UC1AA-00847_wRS_extralarge.png
 
 感動して、涙が流れそうになってしまう音楽があります。
 以前、ベット・ミドラーが唄っていた「イン・マイ・ライフ」を聴いていたら、どうしようもなくなって、涙がこぼれ落ちてきました。
 二階堂和美さんの音楽とか、浜田真理子さんの音楽とかも、なんだか、もう聴いているだけで、勝手に涙が、こぼれ落ちてきそうになることがあります。
 以前、二階堂さんのライブに行ったとき、わけもわからず、涙がポロポロ出てきてしまって、本当に困りました。
 歌詞の内容うんぬんではなく、声なのでしょうか? 雰囲気なのか? とにかく涙腺が、どうしようもなくなってくる。
 きっとわたしのように、困っている人も多いと思います。
 逆に、この前、ラジオを聴いていたら、苦労の多かった彼女との愛の軌跡を感動たっぷりに唄ったみたいな歌が流れていたけど、身の毛がよだちました。つうか、なんだか、とても怖かった。
 一年前、これまたラジオを聴いていたら、クラシック音楽が流れてきたことがありました。普段は、あまりクラシックとか聴かないのだけれど、それは、ベタベタで、感動を呼ぶような旋律とでも言ったらいいのでしょうか? そんな曲でした。
 なんと言いますか、復活していきそうな、でも終わっていきそうな、朝が来たような、夕日が沈んでいきそうな感じ。さらに、人類の素晴らしさ、自然に立ち向かうやるせなさもあり、ゆっくり死んでしまいそうでもあり、これから誕生しそうでもある。
 そこには、すべての感動が安易にある、といった感じでした。
 そして、案の定、わたしは、騙されるとわかっていたのに、騙されてしまったように、感動して、涙を流してしまいました。
 そのとき、自分が、どのような感情であったのか、説明がつきません、ただ、その音楽を聴いて、涙していたのです。
 いったい、いまの音楽はなんだったのか? と調べてみましたら、シベリウスの「アンダンテ・フェスティーヴォ」という曲でした。
 『シベリウス・ベスト・オブ・ベスト』というアルバムに入っているもので、すぐさま購入して、何回もリピートして聴いていました。
 朝から晩まで、寝るときも、ずっとリピートして聴いていたら、二日目くらいから、その感動が薄れていきました。
 あたりまえですよね、もう感動するのにも疲れた、といった感じです。
 でもって、この前、一年後に、なんとなく、また聴いてみたら、やっぱり感動してしまいました。
 でも、一回でじゅうぶんでした。
 また一年後に聴こうと思います。
 

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!