トップ > コラム >戌井昭人の想い出の音楽番外地 > 第十一回 ブルースの凶暴性が際立つとんでもない曲が詰まったコンピレーション『Shim Sham Shimmy』

Shim_Sham_Shimmy.jpg
 
 ブルース好きの人が、いろんな、音楽を集めたCDです。全部で30曲、集めた人はDr. Boogieという人で、アルバムの名前は、『Shim Sham Shimmy』です。
 わたくしが知ってるのは、そのくらいの情報で、あとは、なんだかよくわかりません。インターネットのページなどに情報があるにはあるのですが、英語なので、よくわからないのです。だから、どのようにして、集められたのかも、わかりません。
 けれども、アルバムを一聴すれば、そんな情報なんて、もう、どうでもいいやと思えてきます。
 それこそ、ブルースの魔術にかけられてしまい、悪魔に魂を売らなくちゃならないぞ、といった焦った気分になってきます。そのような、とんでもないブルースの曲が詰まっているのです。
 とにかく、ブルースの哀愁というよりも、ブルースの凶暴性が際立っているような曲ばかりで、それが、ずんずん流れてくるのです。
 タライをジャラジャラやってたり、変な声の人だったり、録音がひどかったりです。
 「Fuck Off」という曲があります。これは、ニワトリが「コッコッコ、コケッー」と鳴きながら、「ファック〜 オーフ」と言ってるだけなのですが、この曲を聴いてると、どうして、わたしは、ニワトリに「Fuck Off」と言われ続けなくてはならないのだろうかと、単純に思えてくるのです。そして、腹が立ってきます。
 反面、どうせ、わたしは、その程度の人間なのだ、とも思えてきてしまいます。
 しかしながら、腹が立つと言っても、それは、歌詞に対して「なんだとこのやろう」とか「嘘ばっか言ってやがる」とか「頑張れ頑張れうるさいよ」とか、思うわけではありません。
 なんせ、この曲は、ずっとニワトリ(正確にはニワトリの真似した人間)が「コケー」と「ファック〜 オーフ」と唄っているので、ニワトリに馬鹿にされているような気分になってくるのです。
 ですから、この曲を聴いていると、「ちくしょうめ、こうなったならば、チキンをたくさん食べてやるぞ」といった気持ちになります。
 皆様も「どうにも、今日は、チキンを食べたい気分だ」という日には、是非、この「Fuck Off」という曲を聴いて、ニワトリに腹を立てながら、骨まで、バリバリ、鶏肉を食べてください。
 きっと、美味しく、あなたのお腹を満たしてくれることでしょう。
 
Dr. Boogie
「Shim Sham Shimmy」

レーベル: Sub Rosa

amazonで購入


連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!