トップ > コラム >戌井昭人の想い出の音楽番外地 > 第九回 昭和のおおらかさを物語る野坂昭如の歌

nosaka.jpg
 
 野坂昭如さんが亡くなってしまいました。子どものころはなんだか変なおじさんだと思っていました。パーティー会場で大島渚さんを殴るところや、酔っ払ってテレビに出ている姿など、いろいろ思い出します。
 昨今、このような、昭和のおおらかさを持っている人が、どんどん亡くなり、今の時代が、どんどん、おおらかさを失っていくような気もします。
 野坂さんは、自分が子どものころ、『火垂るの墓』のアニメが流行ったので、なんというか、涙を誘うような小説を書く人だと思っていたのですが、大人になって、『エロ事師たち』を読んで、その面白さに唖然としました。
 そんでもって、野坂さん、音楽アルバムもたくさん出していまして、家にあるものを見てみると、まずは、『辻説法』というのがあります。これは、題名通り、辻説法で、野坂さんが参院選に立候補したときの街頭演説を収めたものです。マイクを通して喋る野坂さんの熱も凄い。そして、途中、応援演説で出てくる、小沢昭一さんの熱がとんでもない。音楽ではありませんけれど、必聴です。
 関係ありませんが、野坂昭如、小沢昭一、そして、わたし戌井昭人、どうでしょう、三人とも、名前の三番目の文字に「昭」がつくのです。このお二方には、まったくおよびませんけれど、これがわたくしのちょっとした自慢であります。
 とにかく、この『辻説法』というアルバム、そんな昭和の熱がビシビシ伝わってきて、身体が熱くなってきます。
 二枚目は、『鬱と躁』というアルバム、女子大の学園祭でのライブで「バージンブルース」を唄う前のMCが最高だったり、「サメに喰われた娘」や「黒の舟唄」も入ってます。あらためて、今回、聴いてみたら、名曲ぞろいでした。
 そんでもって、三枚目は、『不浄理の唄』です。これは、弁舌が入っていたり、歌は、「黒の舟唄」「バージンブルース」も入っています。そして名曲、「マリリン・モンロー・ノーリターン」もあります。
 ちなみに、クレイジーケンバンドのアルバム『青山246深夜族の夜』で、ゲストに呼ばれて「マリリン・モンロー・ノーリターン」を唄う野坂さんも最高です。横山剣さんが野坂さんを紹介するところも素晴らしく格好良い。
 でもって、『不浄理の唄』にはゲストで美輪明宏さんが出てくるのですが、そこで唄う、「星の流れに」「ミロール」が、度肝抜かれるくらい素晴らしいのです。
 そして、最後は、なんだか、「手じめ」で終わるといった、まとまっているのか、まとまっていないのか、よくわからないアルバムです。
 しかし、この、まとまりのなさ、ごった煮感が、やはり、昭和という時代のおおらかさを物語っているように思うのです。
 
 
不浄理の唄

レーベル: バップ
収録時間: 49 分

amazonで購入

1. ぼんぼの唄
2. (野坂昭如弁説)
3. 星の流れに-美輪明宏-
4. ミロール-美輪明宏-
5. (野坂昭如弁説)
6. 黒の舟唄
7. 春(野坂唄之新古今集より)
8. 夏(野坂唄之新古今集より)
9. 秋(野坂唄之新古今集より)
10. 冬(野坂唄之新古今集より)
11. バイバイ・ベイビー
12. バージン・ブルース
13. マリリン モンロー ノーリターン
14. (手じめ)


連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!