トップ > コラム > 朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」 > 第13回「"みんな仲良く"の意味のズレ」

 
 心、守っていますか? こんにちは、朗読詩人の成宮アイコです。
 
 よく「心を開こう」という考え方を耳にしますし、小さいころから言われることも多かったです。そういったとき、たいてい相手は少しイライラしているように思えます。優しく笑っていたり、穏やかな口調でも、「これは善意です。あなたのためなのだから。そのほうがいいのだから!」という心の中のイライラが透けて見えるようでした。「こんなにしてあげているのだから心を開いて」、つまり、「わたしの思い通りに動いて」と言われているような気がするのです。
 
 今まで、なにかとそう言われがちだったわたしですが、特に心を閉じているつもりはありません。「絶対に手の内を見せないぞ」なんて思ったこともないですし、むしろ、できることならば全員に分かられたい、そして人のことも分かれたらいいのに! と思っている側です。しかし、わたしたちはそれぞれ、人に話したくないことがあります。触れられたくない思い出もあります。いつかは話そうと思っていても、それは今じゃなかったりします。
 
 学校のクラスに40人いたとしたら、40人全員と友達になることは無理です。全員が誰かの家に集まって一緒に遊んだりはしないでしょうし、全員で旅行に行ったりもしません。一緒に何かするなんて、強制発動する体育の時間の大縄跳びくらいです。それなのに40人全員に心を開くなんてもってのほかです。
 少女マンガが好きなクラスメイトに好きなプロレス技の話をしてもお互い「ん?」となるだけですし、自分の苦手な映画の話題に加わって、どうして苦手なのかを話したらお互いが嫌な気持ちになってしまいます。自分の苦手な映画を好きな人もいるんだな、とスルーをすることは、相手の存在を消したり無視したりすることとは違います。目の前で転んでしまったら、「大丈夫?」と声をかけますし、「あの映画好きなんてむかつく」なんて思いません。
 
 それでも時々出会ってしまうのです。みんなが一丸となってワイワイしないと気が済まないタイプの方に。それは先生だったり、サークルや社内のリーダー格の人だったり、まとめる役を担っている人の場合が多かったです。
 「みんな仲良く」とは、みんなが一緒に仲良く遊ぶことではなくて、「みんながそれぞれの好きなことを大事にして、相手の存在を否定しないこと」ではないかと思うのです。少女マンガを捨てさせてプロレス技講座を開いて洗脳することではなく、苦手な映画を無理に好きなろうと我慢することでもなく、それぞれが「あの人は◯◯が好きなんだな」と思って終わることこそ十分な受け入れではないでしょうか。
 問題は、こういったことを説明をするのに多くの言葉数が必要だということです。会話でものごとを伝えるスキルの低いわたしはなかなかうまく伝えられなかったりします(一丸となりたい派の人にはヤなやつに思われることもあるのだろうな、ちゃんと伝わったらいいな)。
 
 自分の内面なんて、自分の好きなタイミングで、自分が話したいと思った人にだけ話せば十分です。100人いたら100人全員に心を開く必要はないですよね。この人は! という人がいたら、そのときだけで十分。なんなら、偽名のSNSの中だけでもいいとさえ思っています。
 
 心は好きなときに開いて、開きたくないときは大事に守っていたいものです。お互いに。
 



「ほたる」/ 吉田諒(ネズミハナビ)×成宮アイコ

 
『あなたとわたしのドキュメンタリー ─死ぬな、終わらせるな、死ぬな─』
成宮アイコ・著

定価:本体1,500円+税
出版社:書肆侃侃房
好評発売中

amazonで購入

東本願寺出版社「同朋」4月号

お取り寄せは東本願寺出版まで
カラー3ページインタビュー掲載

Live info.

5月12日(土)ハロー、言葉 vol.0『あなたが望むのなら』
出演:成宮アイコ+青山祐己、大島健夫、猫道(猫道一家)、内藤重人
ご予約:名前を枚数を counter.roudoku@gmail.com までメール
会場:Last Waltz in LOFT

6月17日(日)金沢ライブ
出演:成宮アイコ+青山祐己
会場:石引パブリック(石川県)
ご予約:名前を枚数を dharma218617@gmail.com までメール

全ての詳細はサイトをご参照ください

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  • 石丸元章「半径168センチの大問題」
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の歴史のふし穴
  • せきしろの 投稿者列伝
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!