トップ > コラム >吉村智樹まちめぐ‼ > 第十回 危機一髪! 気分次第の理容院

ルーフトップ関西版10画像.JPG

 

 真冬に申し訳ないが、昨年の夏、神奈川県の大和市を歩いていると異様に押し出しの強いコピーが並んだ散髪屋さんがあった。「一髪やらせろ」「神奈川県毛大和毛察本部」「頭髪違反取締中」など物騒な文言が並んでいる。怪訝に思いドアの隙間からそっと店内を覗き込んでいると、くわえたばこのご主人が「おう! なかに入って休んでいけよ」といきなり招き入れてくれた。せっかくのご厚意だが僕はスキンヘッドにしている。切ってもらう髪がないため恐縮していると「そんなのいいから。これでも飲んでよ」と冷たいヤクルトをくださった。ありがたい。ご主人は16歳から理容師をやっており、その技術は「日本で5番目」という凄腕職人(なんの5番目かは不明)。ところでなぜ店名が『とらさん』なのだろう。映画『男はつらいよ』がお好きだから? 「そうじゃねえ。俺は寅年生まれで、偶然妻も寅年で、せがれも寅年なんだ。だから寅3(とらさん)」。なるほど干支のトリプルスリーだったのですか。てっきり「虎刈り」にされるのかと。「まあ、気に入らねえ客は虎刈りにししまうけどな。はっはっは」。営業時間は「その日の気分しだい」。定休日は「毎週火曜日・第3月 その他・恋の病の時」という、まさに映画の寅さんのようにアウトローな営業スタイル。表のいかついコピーは「うちは代々警察官の家系で、だから俺も自分で“毛ぃ察官”を名乗ってるんだよ」とのこと。そんなふうにコメントがいずれも秀逸で「髪対応」なお店だった。

 

吉村智樹(よしむらともき) 
街ネタ好きな放送作家。最新著書は『ジワジワ来る関西』(扶桑社)。NTTのニュースサイト『いまトピ』にて毎週京都の珍スポットを紹介。

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!