トップ > コラム >吉村智樹まちめぐ‼ > 第八回 「首がもげた人形が床にごろごろ。京都でもっともアヤシいスポット」

ルーフトップ関西版08.JPG

 

 薄暗い階段をあがると、踊り場には待ち針がびっしりと刺さったハイヒールが置いてある。現代美術なのか、はたまたそういう「呪い」なのか。そして部屋へ入ると、そこはさらに薄暗い空間が。事前に「あそこへ行くのか? ならば懐中電灯を持っていった方がいい」とアドバイスを受けていたので、手探りしながら持参したそれのスイッチを入れて闇に向けて照射すると、おぼろげながら全貌が見えてきた。ガスマスクを着けたマネキン人形、本物なのかイミテーションなのか判然としがたい白骨化した手首。そして床には、首や四肢がもがれた人形が散乱している。人体解剖模型からは内臓がこぼれ落ちていた。独立系のピンク映画や指名手配のポスターが貼られ、ここが「人々が“普通”と呼ぶ世界とは異なる魔境」であることがわかる。この場所の名は「カオスの間」。京都の東山にある、まさに混沌(カオス)としか言いようがないダークファンタジーが渦巻いたスペースだ。さまざまな形状の電球の向こう側に、麿赤児を思わせる風貌の老人がいた。67歳になるという、ここの主だ。僕は訊いた。「ここ、なんなのですか?」。主は、こう応える。「さぁ、なんやろね」。要領は得なかったが、主はこう続けた。「わかってもらわなくてもいいんです。5年後にわかってもらえたら。5年後の京都が、こうなってたら、おもろいでしょ?」。ここに展開する惨劇は、5年後の京都の姿なのだという。僕はその日が来るのを、震えて待つことにしよう。
 

吉村智樹(よしむらともき) 
街ネタ好きな放送作家。最新著書は『ジワジワ来る関西』(扶桑社)。NTTのニュースサイト『いまトピ』にて毎週京都の珍スポットを紹介。

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 清亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!