トップ > コラム >吉村智樹まちめぐ‼ > 第五回「狼は生きろ、豚はアートになれ」

ブターバックス.JPG
 
 夏といえば、まず思いだすのが「蚊」だ。いましがた蚊に噛まれたばかりなので、まさに夏といえば蚊なのだ。皆さんは蚊を退治するためになにを使っているだろう。電気蚊取り器やプッシュ式の防虫剤がもっぱらで、火をつける蚊取り線香を使う家庭は減っているのではないだろうか。まして「蚊遣り豚」(かやりぶた。豚の形をした、蚊取り線香を設置するための陶器)なんて昭和の映画やドラマでしか見たことがないという若者も多いだろう。
 しかし、蚊取り線香のことは嫌いでも、蚊遣り豚のことは嫌いにならないでほしい。蚊遣り豚の一大産地は三重県の四日市市。ここでは蚊遣り豚の普及のため、毎年8月「アートな蚊遣り豚展」を開催している。僕はこれを見るため毎年、四日市へ通っている。
 「アートな蚊遣り豚展」は蚊遣り豚を使ったアート作品展で、豚の口がシアトル系コーヒーチェーンのシンボルになった「ブターバックス」や、人口芝を貼ってゴルフ場を表現した「全ぶーオープン」、鏡をびっしり貼ってミラーボールに見立てた「サタデーナイトフィーぶー」、筋肉隆々の「ライザップ ~かとり違い~」、蚊遣り豚が骨だけになった「透けるトン」などなど、どれも発想の飛び方がすごい。そう、飛べねえ豚は、ただの豚だ。
15回目を迎える今年も8月6日(土)~8月28日(日)まで近鉄「四日市」駅前「じばさん三重」1F名品館にて開催。ぜひ憎き蚊をやっつける精鋭ブタ隊の雄姿を見届けられたし。

吉村智樹(よしむらともき) 
吉村智樹(よしむらともき) 街ネタ好きな放送作家。最新著書は『ジワジワ来る関西』(扶桑社)。NTTのニュースサイト『いまトピ』にて毎週京都の珍スポットを紹介。。
 
吉村 智樹
「ジワジワ来る関西(WEST) 」

出版社: 扶桑社 (2014/11/22)
単行本: 199ページ

amazonで購入

18万部超えの「ジワジワ」シリーズから派生した第6弾は路上観察歴30年の著者が送る、オール関西の街ネタ466点!


連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 清亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!