トップ > コラム >いざゆかんとす関西版 > いざゆかんとす 関西版 2017年10月号

カネシロマサヒデ

 親戚一同が勢ぞろいした時の最近の僕の役割は子どもたちと遊んであげるおじちゃんだ。
上は小2、下は3歳の6人の子どもたちが一気にぼくに向かって満面の笑みで寄ってくる。
子どもたちは汗だくになりながら自分の体力の限界も忘れて走り回る。ヘリウムガスの入った風船1つで2時間は遊べる。
ぼくは「安全確保とみんなが満遍なく楽しめる」をテーマに新しい遊びをドンドン提案する。
ドンドンエスカレートして行く謎の風船遊びに子どもたちのテンションは最高潮へ。
その時だ。4歳の男の子が走りながらゲロを吐いた。そして大泣きした。彼の母親が寄ってきて掃除していた。
あの時ぼくは初めて、楽し過ぎてゲロを吐いた人を見たんだ。
ぼくはゲロを吐くまで人を楽しませた事があるんだよ。
だからライブ来てね。
 
 

岡崎体育

‪小学生の頃、5・6年生は毎週火曜日の6時間目になると授業の一環としてクラブ活動を行っていた。私はキックベース部に入っていて毎週体を動かしていたのだが、雨が降っている日にはグラウンド競技系の部活は図書室でビデオを観ることになっていた。ある雨の日、先生が持ってきたビデオはスターウォーズエピソードI。めちゃくちゃ楽しみでワクワクしながら見ていたが、隣に座っていたKくんに毎分間隔でネタバレ実況をされていて殴り合いのケンカになった。私なりのスターウォーズがそこにあった。
 
 

GIMA☆KENTA

新曲ができると自分のご褒美として 大好きな焼きそばとビールを飲む。いつからか習慣になって その時間は自分にとって幸せで大切な時間。つい最近も深夜にルンルンで塩焼きソバとビールを買って家に帰った。そしたら家の下に腹すかした猫がこっちにむかって泣いていた。今日は気分がいい。急いで魚肉ソーセージを買いに行く。よし、一緒に食おうぜ。とお湯を捨て家の下で僕と猫 面と向かい。お待たせ、と魚肉ソーセージを子猫にむかって投げた。すると猫はそれを口に咥えて深夜の路地に逃げ込んだ。「おいおい!」街灯のオレンジの灯りの下僕ひとりぼっち。右手には6本入りの魚肉ソーセージ。
連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!