トップ > コラム >いざゆかんとす関西版 > いざゆかんとす 関西版 2017年6月号

映画トレインスポッティングの続編「T2」を映画館に観に行った。
20年前の作品の20年越しの続編。劇中も20年経っていてあの頃のアホでダサい登場人物たちがおっさんになって、本当にダサくなっていた。
この場合のダサいは褒め言葉。
一作目のファンが多いこの映画、勿論、僕もそのうちの1人。
待ちに待った公開。
わざと休日の昼間に僕は1人映画館に足を運んだ。
「やっぱサイコーの映画や!」とか「2作目は駄作やな。」とか、できるだけ多くの人と共に感じたかったからだ。
僕が一番感じた感想は
「おっさんになるのって難し〜」
でした。
(カネシロマサヒデ)
 
 
‪別に文章自体はエロスを含んでいるわけではないのに、文章から色々な推測を重ねてエロティックな状況を生み出すことは可能である。私が27年間生きてきて、それの最たる例であると考える文章がこれだ。‬
 
‪「んもう、大きい赤ちゃんね」。‬
 
‪完全勝利である。文章自体にエロスを直接的に表現している箇所は見受けられないが、この文章が物語るエロスは計り知れない。官能小説でこのセリフの虫食い問題が出たら、俺7億%正解すると思う。‬
(岡崎体育)
 
思い出の曲を聴くと当時の風景を思い出したり、なつかしい匂いを嗅ぐとその時の感情がよみがえったりする。
それと似た感じで、パクチーを食べるといつも鹿が脳裏によぎる。
霧がかったスンとした樹海に鹿が一匹居て、パクチーを一噛みするたび自分の方にキョロっと顔を向けて屈託のない目(まなこ)でこちらを見つめてくる。これが毎回。パクチー噛むたび、毎回。OLってすげぇ。
(GIMA☆KENTA)

Live info.

2017年6月11日(日)
『ずぼっぷくん前打ち上げ』

【出演】愛はズボーン、プププランド、THE BOSSS
【MC】樋口大喜(FM802)
【会場】ロフトプラスワンウエスト
詳細はこちら

2017年6月24日(土)
D.N.A

【出演】DENIMS / ナードマグネット / 愛はズボーン
【会場】下北沢SHELTER
詳細はこちら

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 清亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!