トップ > コラム >アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生 > 第六十五回「勝手に生きて勝手に死ね」

 朝、目が覚めた瞬間から「今日絶好調!」と体や心の調子がいい日って年に一度でもありますか?
 
 正直申し上げて、私はありません。「まぁ、今日は普通だな」と思うことはあれど、「生きてて良かった! 両親に感謝! ご先祖様に感謝! 母なる大地に感謝!」と思うほどに心身ともに調子がいい日なんてこれまでの人生であったでしょうか。
 
 女性の方ならお分かりいただけると思うのですが、月に10日も心が安定している日があったらすごく良いほうで、実際は一日に何度も「マジで人類滅びろ(自分以外)」と思ったりしていませんか。私は思ってます。ホルモンのバランスの仕業が大体の原因なのは分かっているのですが、どうしても心の中で嫌いな人をこ〇す妄想をしてしまいますよね。
 
 でも、私もいい大人なので、そろそろそういうことを思ったり口に出すことをやめようと思っております。
 なぜならある日、改めて気づいてしまったのです。
 私がこ〇さなくとも、相手は勝手に〇ぬということを。
 
 この瞬間、当たり前じゃボケとお思いになった方も多いかと思います。そうです、モノはいつか壊れますし、人も死にます。いま現在生きている人類の中で100年後に生きている人は私を含めほとんどいないのです。
 そう考えると死ぬのが怖くなりませんか、じゃなくて、少しだけ人に優しくできそうな気持ちになりませんか。
 
 何か無性に腹が立ったり、抑えきれないほどに負の感情に飲み込まれそうになった時には「宇宙単位で物事を見ると大抵のことがどうでも良くなる」とよく言われますが、私の場合、「私が神ならばどうするか」と考えることも多々あります。
 なんとド厚かましい驕り高ぶった人間なんだろうと思われた方もいるでしょう。でも私は続けます。「もしも自分が神ならば」と考えた時に、悩みが人に対してならば想像の中でその人に天罰を与え放題です(←あれ? さっきと言うことが矛盾している?)。もし悶々とした気分が自分に対してならば、想像の中で自分の思い通りに都合の良い解釈をして、トントン拍子に物事がうまく進み、素晴らしくあり得ない運の良さで人生イージーモードです。
 
 そういう妄想を駆使しまくっていると、いつの間にか心の中のモヤモヤがなくなり、スッキリ気分爽快なことが多くなります。
 
 浜崎家の家訓の一つなのですが、「考えてもどうしようもないことは考えない」というのがあります。これは一見思考を停止させるようにも見えますが、そうではありません。悩みまくって(もっと言うと悩む「だけ」で)解決するようなことならいくらでも悩めばいいですが、そうでない場合はいったん自分の心からその悩みを手放すことが重要なのです。
 
 私は寝ても覚めても自意識過剰な時期があり、考えても仕方のないことがいつも心の大半を占めていて、何をやっても楽しくないし、いつも苦悩している時期がありました(10代の悶々期です)。
 いま振り返ると、もったいなくて仕方ないです。世の中は考えても仕方のないことで回っているともっと早く気づけば良かったです。最初に書いたことにもつながりますが、考えても仕方のないこと=いつか必ず死ぬということと結びついていると私は思っています。
 
 世の中、理不尽なことばっかりです。いわゆる一般論で正しく生きていても正直者が馬鹿を見るような世の中です。
 辛かったり苦しいことを経験するのが美徳のような人生はやめませんか。
 人はもっと自分のことを甘やかしていいと思います。
 人は人、自分は自分。
 自分の人生を生きれるのは自分だけ。誰も人の人生をとやかく言えないし、楽しんだもん勝ちだし、どうせ勝手に生きてるんだから勝手に死ねよくらい思っていても良いのではないでしょうか。
 
2018年春、アーバンギャルド、ニュー・アルバム発売決定!!
福音は今しばらくお待ち下さい!

Live info.

10周年記念公演 アーバンギャルドのディストピア 2018
『KEKKON SHIKI』

■2018年4月8日(日)東京・中野サンプラザ
※SSS指定席、SS指定席、S指定席、B指定席は完売。A指定席は絶賛発売中です。

ペンタゴン PRESENTS『冬のライオン〜ここは異国のサバンナさ〜』
■2月3日(土)梅田TRAD
■2月4日(日)名古屋ElectricLadyLand
■2月12日(月・祝)恵比寿LIQUIDROOM

雌猫乱心!戦慄の雛祭り
■3月2日(金)新宿LOFT(浜崎容子ソロ、共演:キノコホテル / ヒミツノミヤコ / ホノオミカ / 密会と耳鳴り 他)

*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!