ご存知の方もそうでない方も、私の苗字は「浜崎」と書いて「はまさき」と読みます。
 漢字は本来ならもっと難しい漢字で(濵﨑らしい)、両親が熊本出身なので九州のほうではさほど珍しくない苗字なのですが、九州地方以外の浜崎さんは「はま“ざ”き」と濁音が入るらしいですね。これ聞いた話なので本当か知りませんが、九州地方の人は濁らない発音の苗字の人が多いらしいです。たまに「はま“ざ”きさん」と言われて訂正した際に、九州出身ですか? と聞かれるのでなるほどなーと思います。
 私が小学生だった頃、隣のクラスの担任の先生の苗字が同じ「はまさき」でした。
 私にとって残念なことにその浜崎先生は男性で、年齢も私の両親よりだいぶ年上で、そして頭髪がお寂しい雰囲気の方でした。
 違うクラスにもかかわらず同じ苗字だというだけでなぜか勝手に親近感を持たれ(←酷い言い様ですね・笑)、廊下ですれ違う際に頻繁に親しげに声をかけられることが苦痛で仕方なかったです(←これも冷静に考えると酷い・笑)。
 それを夕食の時間に両親に話すと、
 「そういえばこないだお母さんもPTAの集まりで学校に行ったときに浜崎先生に親しげに声をかけられたわよ。九州の方ですよね? 発音が濁らないからそうだと思っていたんですけど熊本ですかぁ〜僕も○○(←失念)の生まれなんですよ〜はまさきっていう苗字、関西にはあんまりいませんよね〜とかやたら親しげだったわよ。よっぽど同じ苗字なのが嬉しかったのかしら」
 という話を聞いて、子ども心になぜかドン引き。
 今の年齢になり、なぜあのとき引いたのかを分析してみたのですが、小学生の頃って家族の存在って多少なりとも恥ずかしかったり、もしくは触れてほしくない領域というか、自分のパーソナルスペースみたいなもんだから、そこにズケズケと同じ苗字というだけでアンタッチャブルなサンクチュアリーに土足で踏み込まれたような気分になり、それが先生に対する嫌悪感となったのでしょうね。
 それ以来、浜崎先生を見る私の目がさらに冷ややかになったある日、悲劇が起こりました。
 私の担任の先生が急病でお休みになり、急遽その日は浜崎先生が代わりに担任を受け持つことになりました。たまにありますよね、病欠の先生の代行。しかも運が悪いことにその日の日直はなんと私でした…! あるのですね、こんな不運が!
 必然的に浜崎先生と話す機会が増える一日…。
 HRの時、日直がその日の宿題のプリントや学校からのお知らせをクラスに配らないといけなかったのですが、お優しい浜崎先生は私を手伝うという最強にいらんことをしてくださいました。
 かねてから悪童のクラスメイト男子に「浜崎と〜浜崎先生は〜親子なのでは〜?」などとからかわれ、「私のお父さんはもっと若くて(心の声:髪もあって)イケメンじゃ!(事実、若い頃の父は福山雅治さんに似ていた)」と反論し、男子をボコボコにシバキ上げていたのですが、その日ももちろん「親子」コール、そしてさらに進化し「兄弟」コール、挙句の果てに「双子」コールまで飛び出し、浜崎先生も「こらこら〜先生と浜崎さんは親子でも兄弟でもないぞっ、でもひょっとしたら遠いご先祖様が一緒かもね☆」みたいな最高にキモイことを言ってのけたので私は反論し、男子をシバく気力すら失い、プリントで顔を覆い大号泣してしまいました。
 なぜこんな赤の他人の、しかもハゲたおっさんと同じ苗字というだけで双子呼ばわりされなくてはいけないのか。
 ワンワンと泣きながらそのようなことを訴えたおかげでクラスはシーンと静まり返り、いま思うと本当に申し訳なかったなぁと思いますが、浜崎先生も傷ついたのか、それ以来話しかけてくることもなく平和にその年の終業式を迎えることができました。
 いや、でも赤の他人にもしかしたらどこかで血が繋がっているかもね☆みたいなこと、今でも言われると気持ち悪いなぁと思いますね(笑)。
『アーバンギャルド2016 XMAS SPECIAL HALL LIVE 天使 des 悪魔』

CDのみ初回限定特別価格盤(FBAC-020・税別1,500円)
DVD付き通常盤(FBAC-021・税別3,800円)

Live info.

COUNTDOWN 10YEARS
アーバンギャルドのフラッシュバック・ワンマン・スペシャル!東名阪クアトロツアー
■11月3日(金・祝)梅田CLUB QUATTRO《大阪編〜少女三部作セレクション》
■11月10日(金)名古屋CLUB QUATTRO《名古屋編〜メンタルヘルズ&ガイガーカウンターカルチャー》
■11月18日(土)渋谷CLUB QUATTRO《東京編〜鬱くしい国&昭和九十年》

社会人歓迎GIG
■11月22日(水)渋谷REX(共演:UCHUSENTAI:NOIZ、Phantom Excaliver、DJニッチ)

10周年記念公演
アーバンギャルドのディストピア 2018『KEKKON SHIKI』

■2018年4月8日(日)東京・中野サンプラザ

*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!