トップ > コラム >アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生 > 第五十七回「キング・オブ・ポップとの遭遇」

 キング・オブ・ポップ。
 音楽好きな人ならピンとくるであろうこのフレーズ。
 そう、ご存じ世界のマイケル・ジャクソンの敬称です。
 
 私がまだ小学生の頃、夏休みに家族旅行でタイのバンコクへ行きました。当時の浜崎家は長期休暇の際、2週間ほどバカンスへ出かけるという優雅な生活をしておりました。
 バンコクで泊まったホテルは、街の喧騒が嘘のような緑溢れるラグジュアリー・ホテルで、当時小学生だった私と今現在の魂を入れ替えて満喫したいほどに素晴らしいホテルでした。
 でも小学生だった私は、ショッピングも興味がなく、街へ食事や観光へ出かける以外は連日のようにホテルのプールで遊んでいました。
 ある日、プールへの道中に庭園があるのですが(本当に広いホテルでした。しかも孔雀やらフラミンゴやらが歩いている)、何やら騒がしい。色とりどりの電飾が飾りつけられ、たいまつも焚かれ、大音量で音楽が流れていました。
 庭園の奥はパーティが開かれているっぽく、入口付近には厳重なセキュリティ・チェックと筋骨隆々としたガードマンが立ちはだかっていました。
 入口に何やら人物のパネルがあります。
 「えっ!? ええ〜〜!?」
 母が歓喜の声を上げます。
 『Michael Jackson Dangerous World Tour.』
 そう、マイケル・ジャクソンのワールド・ツアーのバンコクでの打ち上げパーティが行なわれていたのです!!
 マイケル・ジャクソンのツアーの打ち上げがなぜこのホテルで!?
 「うそ〜〜!? マイケルがこのホテルに泊まっているの!?」
 それはもう答えは一つでしょう。
 そういえば、最上階ペント・ハウスがワンフロア立ち入り禁止で、ガードマンが至る所に立っていたことを思い出しました。
 母はマイケルの大ファン。ガードマンにお願いしてマイケルの等身大パネルの前で記念撮影をさせてもらいましたところ、ディレクターのような人が通りかかって、
 「オー! ジャパニーズ・チルドレン!」と、私と兄に向かって何やら話しかけています。
 父と母の表情が変わります。
 このホテル、日本人観光客はほとんど泊まってなくて、その時間帯、日本人は我々しか散歩していませんでした。
 ディレクターさんの計らいで、なんとマイケルのためにぜひ日本人の子ども代表として記念撮影に一緒に写ってほしいと頼まれました。
 厳重なセキュリティ・チェックのガードマンがにっこりとほほ笑んで、打ち上げ会場に浜崎一家が招かれます。
 夢のような世界でした。
 マイケルの最新アルバム『Dangerous』が大音量で流れ、外国人の子どもたちが(多分モデルであろう)ドレスやタキシードを着てダンスをしています。
 美味しそうな食べ物や飲み物が次々に盛りつけられ、なぜかマイケル・ファミリーのように歓迎され、外国人モデルの子どもたちに交じって記念撮影をしました。
 私はプールへ行く格好だったため水着の上にTシャツを羽織っていただけだったので、ドレスを着ている外国人の女の子たちにジロジロ見られて恥ずかしかった記憶が強く残っています。妖精のように可愛い子どもたちがたくさんいました。
 ボーイさんが渡してくれたイルミネーションと同じようにキラキラしたフルーツ・ポンチを私は一生忘れないと思います。
 マイケルはその日体調が悪く、パーティには出席できなかったようですが、あの外国人子どもモデルたちに交じって写った写真をマイケルが見てくれたかもしれないと思うと不思議でなりません。
 そしてなぜにホテルに宿泊していただけの部外者の我々をパーティへ招いてくれたのかさっぱり分かりませんが、今でも私がマイケルのアルバムで一番好きなのは『Dangerous』だし、あの時に聴いた当時画期的で最先端のサウンドに驚いたことはこの後の私の人生において重大な瞬間だっただろうし、あの夢のような体験は忘れないでしょう。
初のライブアルバム『アーバンギャルド2016 XMAS SPECIAL HALL LIVE 天使 des 悪魔』

 昨年末のホールライブを音源化した『アーバンギャルド2016 XMAS SPECIAL HALL LIVE 天使 des 悪魔』が絶賛発売中。CDのみ収録の初回限定特別価格盤(FBAC-020・税別1,500円)はリーズナブル、通常盤(FBAC-021・税別3,800円)はDVD付き仕様。アーバンギャルドの入門編としても最適です(写真は通常盤のジャケット)。

Live info.

アーバンギャルド presents 鬱フェス 2017
■9月10日(日)東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST
共演:大槻ケンヂ(筋肉少女帯・特撮)、オーケンギャルド(オーケン+アーバン)、キノコホテル、ミオヤマザキ、BRATS ほか

COUNTDOWN 10YEARS
アーバンギャルドのフラッシュバック・ワンマン・スペシャル!東名阪クアトロツアー

■11月3日(金・祝)梅田CLUB QUATTRO《大阪編〜少女三部作セレクション》
■11月10日(金)名古屋CLUB QUATTRO《名古屋編〜メンタルヘルズ&ガイガーカウンターカルチャー》
■11月18日(土)渋谷CLUB QUATTRO《 東京編〜鬱くしい国&昭和九十年》

その他のライブ
GREENSPARK
■6月3日(土)服部緑地野外音楽堂

YATSUI FESTIVAL!2017
■6月17日(土)・18日(日)東京・TSUTAYA O-EASTほか12店舗(アーバンギャルドは17日のみ出演)

浜崎容子ワンマンショー『容子の部屋 vol.2』
■6月25日(日)目黒 Blues Alley Japan

浜崎容子ワンマンショー『容子の部屋 京都別邸』
■7月30日(日)京都府庁旧本館正庁(重要文化財)

*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 清亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!