トップ > コラム >アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生 > 第四十八回「生態系が変わってもいいから日本政府は蝉を駆逐してください」

 夏の日、道を歩く時、イヤホンがないと私は歩けない。
 その理由はこうだ。蝉の鳴き声が怖くてたまらないから。
 歩いている時に蝉の声がすると、尋常じゃないほどの汗が噴き出してくる。この木か? この電信柱か? このマンションの壁か? そう思いながら絶対に「奴」の姿を発見しないように道路に目線を落とし、ひたすら目的地に向かって早歩きする。そういう時にイヤホンがないと精神的におかしくなってしまいそうだ。イヤホンで蝉の声をかき消さないと、私は外を歩けない。イヤホンがないと、木を、電信柱を、外壁を通過する時に蝉の声がだんだん近づいてくる。それはとてつもない恐怖だ。ひょっとしたら「奴」は私をめがけて飛んでくるかもしれない。「奴」が私をめがけておしっこをかけてくるかもしれない。なんて奴なんだ、それに地面にも気をつけなくてはならない。「奴」は死んだと見せかけて、実は生きていることが多いからだ。死んでいると思い横切ろうとすると、断末魔をあげながら接近してくる。これがいわゆる蝉爆弾だ。
 そして木を、電信柱を、外壁を通過し終えた後も気を緩めてはいけない。なぜなら背を向けた途端に羽ばたいてくるかもしれないからだ。蝉の羽音と鳴き声は、私にとってはこの世の終わりとも言えるような絶望感がある。
 そして、なぜ「奴」の姿を発見してはいけないのか。「奴」の姿は私にとっては非常にグロテスクで、発見してしまった時、体中に鳥肌が浮き上がってくるのを感じる。あの透けた羽が、大きな目が、うわぁ書いてるだけで鳥肌、もうこれ以上は勘弁してほしい。とにかく私は蝉が大嫌いだ。
 夏の外出には、路上もそうだがマンションのエントランス、自宅の玄関ドアにも細心の注意を払わなくてはいけない。それは、帰宅が夜遅くなった時に煌々とたかれているエントランスのライトに魅せられて、「奴」が侵入している可能性があるからだ。
 私のマンションはオートロックなのだが、まずオートロックを解除するエントランスがガラス張りになっていて、オートロックが上手く解除できなければ数秒そのガラス張りの空間に閉じ込められてしまうことになる。その空間に稀に「奴」が紛れ込んでいることがあるのだ。その時、その空間は地獄と化す。本当に本当に最悪。私は泣きながらオートロックを解除し、自宅の玄関を目指す。自宅の玄関にも稀に潜んでいる時がある。まだ兵庫県の実家にいた頃、六甲山がほど近い場所にあったので自然溢れる町で、夜玄関ドアを開けると外灯に止まっていた蝉が家の中に侵入してくるという地獄を見たことが何度もある。私はその所為で田舎が苦手だ。昆虫が大嫌いだからだ。東京は都会だからきっと「奴」もいないだろうと思っていたら、そんなことはなかった。絶望だ。夏が来るたびに絶望する。
 幼少時代、名古屋の両親の友人宅へ家族で遊びに行った時、私の兄とその家の男の子が、外で虫かご一杯に何十匹もの蝉を捕まえてきて、しかもその家の中でその蝉群をぶっ放したのだ。当然、家の中は騒然。私は泣きながらその家の外に出ると、マンションの階段には蝉の死骸が多数散らばっていた。その時の恐怖が夏が来るたびにフラッシュバックするのだ。
 イケナイことだし、無理なことだとは重々承知なのだが、生態系が変わってもいいから日本政府は蝉を駆逐してほしいと願っている。絶対に叶えられない願いなのは分かっているが、そうでもしないと私は夏が来るたびに、夏の外出時に毎度震え上がるほどの恐怖を味わうことになる。今現在、本当に地獄。家の中まで蝉の声が聞こえてくる。神様、どうか葬り去ってください。たとえ彼らが2週間の命でも、ずっと土の中で完結できるような形に変えていただきたい。嗚呼、早く夏が終わらないかな。この世は一番好きな冬だけでいい。毎日クリスマスが来ればいい。
Blue Forest

FAMC-228
価格:2,200円+税
発売・販売:KADOKAWA
2016年6月15日(水)発売

amazonで購入

Live info.

INFORMATION
ゲンスブールナイト2016
■9月3日(土)六本木スーパーデラックス(浜崎&松永&おおくぼが参加)

アーバンギャルド Presents 鬱フェス 2016
■9月18日(日)TSUTAYA O-EAST(with:オーケンギャルド、ムーンライダーズ、大槻ケンヂ、PANTA、真空ホロウ ACOUSTIC BAND、アカシック、みみめめMIMI、夏の魔物、生ハムと焼うどん and more...)

実演:『スクールガール・トラウマ』
■9月19日(月・祝)阿佐ヶ谷ロフトA

AOMORI ROCK FESTIVAL '16 〜夏の魔物〜 10周年記念大会
■10月1日(土)青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場

アーバンギャルド2016 ショート・グッドバイ・ツアー
■10月2日(日)仙台HOOK
■10月4日(火)札幌COLONY
■10月15日(土)福岡Live House CB
■10月16日(日)岡山CRAZYMAMA 2ndroom
■10月22日(土)名古屋HOLIDAY NEXT NAGOYA
■10月23日(日)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
■10月30日(日)台湾・台北 月見ル君想フ
■11月5日(土)東京・渋谷WWW

*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 清亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!