先日、アーバンギャルドのツアーで大阪の心斎橋・アメ村などに訪れました。青春(灰色だったけど)時代を過ごした街に大人になってから訪れるのは何度でもテンションが上がりますね。
 心斎橋筋にあった私が初めてBL本を買った本屋さんは改装中でしたが、小学生だった当時それ以来セックスは男性同士でするものだという認識を刷り込まれたことも思い出し、何とも感慨深いツアーとなりました。
 セックスに対しての誤解は中学校に上がるまで続いていたのですが(性教育を学んでもさっぱり理解ができなかったあの頃)、同じ時期、巷ではテレクラというものがブームだったのかな? 流行っていたかは知りませんが、今で言うアナログ式の出会い系ですね、それを近所に住む知り合いの悪いお姉さんが教えてくれたことがありました。当時、フリーダイヤルでお金がかからないからいたずらで電話をする同級生や上級生の悪いお姉さんがいたのです。もちろん電話をするだけで実際出会ったりはしないのですが、バレエ教室に通っていた当時、バレエのお友達や上級生もそんな話をしていて、「えー、容子ちゃんテレクラかけたことないのー?」みたいな会話がなされていました。恐ろしいです。繰り返すようですが、友人たちも実際に会ったりすることは決してなく、ただ電話をするだけですからね! 友人たちの名誉のために!
 まだ小学生だった私は純粋に「大人の男の人とお話するってどんな感じなんだろう?」と思いました。実際、父親や近所のおじさん、学校の先生くらいしか大人の男性と接する機会なんて小学生にはありませんから、「見知らぬ男性とたわいもない話をする(と、思っていた)」ことに私も同級生も興味津々でした。
 悪いお姉さんはよく繋がるという電話番号を教えてくれました。友達と私はまず悪いお姉さんが電話をかけるのをドキドキしながら見守っていました。ちなみに、ケータイなんてまだ普及していなかったので友達の家電からかけていました、凄い時代ですね!
 唐突に悪いお姉さんが電話を代わるから、と言って私たちに受話器を差し出してきました。えー! と戸惑いつつも受話器を取りました。
 「もしもし?」
 声の主はもちろん全く知りもしない男性でした。
 こちら側は小学生のくせに18歳とか言ってみたり、今となっては話し方や声色で絶対小学生ってバレていただろうなと思いますが、精一杯想像上の女子高生を演じました。
 何歳とか、どこに住んでるとか、すべてでたらめに答えるテキトーな会話が続いた頃、だんだんと小学生でも分かるようないやらしい内容になってきました。
 穿いているパンティは何色? だとかそういった話でしたが、徐々にエスカレートする内容にしどろもどろになったところで悪いお姉さんが唐突に電話を代わり、「バーカ! エロおやじ! エロイことばっか考えてんじゃねーよ、このハゲ!」みたいな暴言を吐いて電話をガチャ切りしました。
 悪いお姉さんはゲラゲラ笑っていましたが、私たちはなんだか怖くなって笑えませんでした。見知らぬ男性に(電話だから)耳元でいやらしいことを言われ、少なからずショックを受けましたのです。
 悪いお姉さんはまたあそぼーね、と言ってその日は別れましたが、私たちはもう二度とするもんかと心の中で思っていました。
 その夜、なんだか自分が穢れた気がしてたまらなくなって、お風呂で何十回も自分の体を洗ったのは言うまでもありません。
 
『バラ色の人生』、待望の書籍化!

四六判/並製/全232頁(カラー8頁) 定価:本体1,500円+税
ISBN:978-4-907929-10-7 C0073 発売日:2016年2月23日(火)発売
発行:ロフトブックス(有限会社ルーフトップ)

amazonで購入

 当人気連載40回分を一挙網羅、2007年から2015年までのアーバンギャルドの軌跡と心の内を独自の視点で書き上げた「浜崎容子の告白」を特別収録した『バラ色の人生』がロフトブックスより好評発売中(四六判/全232頁/定価:本体1,500円+税)。お蔭様で在庫僅少です!

Live info.

アーバンギャルド全国ツアー2016『昭和九十年、そして昭和九十一年』
■5月1日(日・祝)新宿BLAZE
■5月4日(水)札幌COLONY

Shinjuku Loft Presents BorderLine Syndrome10
CAST:新宿ゲバルト/浜崎容子(アーバンギャルド)+1ACT
■5月27日(金)新宿LOFT

マイナス人生オーケストラ主催ツーマン企画 第一弾
大惨事世界大戦 〜少女地獄編〜
CAST:マイナス人生オーケストラ vs アーバンギャルド
■6月5日(日)新宿BLAZE

浜崎容子ソロアルバム『Blue Forest』発売記念ライブ
Into the Forest〜Dark Blue Door
■6月18日(土)大阪・北堀江Vijion
■6月19日(土)名古屋X-HALL
■6月30日(木)六本木Super Deluxe

*その他のライブはオフィシャルサイトをご参照ください。

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!