トップ > コラム >THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城 > 第二十七回 「幻の城」編:安土城②

 

01.JPG

▲天主に向かう大手道(撮影はいずれも2008年11月)。

 

 こんにちは、大筒烈蔵です。先月に引き続き「幻の城、安土城」についてペラを回していきましょう。

 1579年に完成したと言われる安土城。天下統一目前の織田信長の絶大な権力を誇示するかのような巨城でしたが、その運命は儚いものでした。1582年6月2日、あの「本能寺の変」が起きてしまいます。

 京都で織田信長を討った明智光秀ですが、京都からほど近い安土城へ3日後に入城。が、中国地方で毛利と戦っていたはずの秀吉がダッシュで帰ってきてしまい、6月13日、秀吉軍と明智軍は山崎で激突、明智軍は大敗を喫します。んで安土城の留守をしていた光秀の甥、秀満が14日に城を退去する時に城下に火を放って安土城焼失、というのがよく言われてた通説。

 でもこれ『太閤記』とか秀吉の都合の良いように書かれた後世の書物の話で、どうやら「明智は悪役だから、安土城燃えたのも明智のせいにしたらいいじゃん!」と濡れ衣を着せられたっぽいです。ていうのも、城下に火を放ってるんだったら城全体が燃えるはず。なのに近年の調査では天主や本丸しか燃えてないらしいんです。

 じゃあ誰が犯人よ? てことになると、現在有力なのが、織田信雄説。信長の息子ちゃんです。結構なおバカちゃんで有名です。このおバカちゃんが秀満退去した安土城内にいるかもしれない残党を炙り出すために火を放った、って宣教師のルイス・フロイスが書き記してます。普通、自分の親がおっ建てた立派な城に火を放つとか考えられないじゃん! という疑問が湧きますが、フロイスも「バカだから理由はようわからん」と記してます。

 他にも野盗が城内に入って火を放った説もありますが、いずれにしても本能寺の変からわずか12日後に象徴的な天主や本丸は焼失しました。完成から3年ちょいの短命ですな。

 とまぁ、今現在、当時の壮麗な城は見ることができません。でも城跡が残る安土山は今行っても充分楽しいですよ。天主へ向かう大手道やその脇の家臣団が居住してた邸宅の跡とかも整備されてて、歩いても楽しいす。途中、石仏とかが階段に使われてたりすんのも興味深い。信長は神罰も恐れない宗教嫌いなイメージがあるけど、安土城天主内には壮大な仏教絵巻の壁画があったらしいし、なんなら城内に摠見寺を城と一緒に建立してますもんね。こちらは現存してます。
 

02.JPG

▲途中、石仏を利用した階段も。

 

03.JPG

▲天主台から見える景色。昔は麓まで琵琶湖があった。
 

 で、城を登ってって最後に不等辺六角形の天主台に辿り着きます。これがまたロマンなんすよ。ここに435年前まで壮大な天主があったんだ、眼下には楽市楽座で栄える日本一の町があったんだ(今は田んぼ)、反対側は琵琶湖が迫ってたんだ(今は田んぼ)とか想像するだけで尾てい骨がキュンキュンなりますね。下手にハンパな施設を復元するよりよっぽどマシ。観光客もほとんどいないですしね。しかし198メートルの小山なんで、軽く登山です。ビーサンとかはやめときましょう。私、二日酔いで行ったのでまぁまぁしんどかったです(照)。

 んで、この安土城跡の近くには安土城天主信長の館や滋賀県立安土城考古博物館、向かいの山には観音寺城っていう石垣文化初期の貴重な城跡があるんで、併せて行って欲しいす! こちらは完全に登山ですが。てな感じで安土行く時はマルッと1日使ってドップリタイムスリップしてみてください。ほいじゃあまた来月、ダンケシェーン!(撮影:岡峰光舟 挿絵:西 のぼる 協力:新潮社)
 

 

 

04.JPG

▲天主台の内部。礎石も見える。

THE BACK HORN 26th Single
『孤独を繋いで』

7月5日(水)発売
初回限定盤[CD+DVD]2,000円+税 / VIZL-1165
通常盤[CD]1,200円+税 / VICL-37285

Live info.

マニアックヘブンツアー Vol.11
【名古屋公演】2017年11月3日(金・祝)
【仙台公演】2017年11月5日(日)
【福岡公演】2017年11月10日(金)
【札幌公演】2017年11月15日(水)
【大阪公演】2017年11月26日(日)
【高松公演】2017年12月1日(金)
【広島公演】2017年12月2日(土)
【金沢公演】2017年12月22日(金)
【東京公演】2017年12月24日(日)
──詳細後日発表!

連載コラム一覧
  • おじさんの眼
  •  朗読詩人 成宮アイコの「されど、望もう」
  • さめざめの恋愛ドキュメンタリー
  • 今野亜美のスナック亜美
  • 大島薫の「マイセルフ、ユアセルフ。」
  • 能町みね子 新中野の森 アーティストプロジェクト
  • 能町みね子 中野の森BAND
  • アーバンギャルド浜崎容子のバラ色の人生
  • THE BACK HORN 岡峰光舟の ああ夢城
  • ゲッターズ飯田のピンチをチャンスに変えるヒント
  • 戌井昭人の想い出の音楽番外地
  • 最終少女ひかさ 但野正和の ローリングロンリーレビュー
  • 吉村智樹まちめぐ‼
  • いざゆかんとす関西版
  • エンドケイプの室外機マニア
  • 日高 央(ヒダカトオル)のモアベタ〜よ〜
  • ザッツ団地エンターテイメン棟
  • 劔樹人&森下くるみの「センチメンタル「非」交差点」
  • 三原重夫のビギナーズ・ドラム・レッスン
  • ポーラーサークル~未知なる漫画家オムニバス羽生生純×古泉智浩×タイム涼介×枡野浩一
  • the cabs 高橋國光「アブサロム、または、ぼくの失敗における」
  • “ふぇのたす”ちひろ's cooking studio
  • JOJO広重の『人生非常階段』〜今月のあなたの運勢〜
  • マリアンヌ東雲 悦楽酒場
  • 大谷雅恵 人生いつでも初体験
  • ジュリエットやまだのイケメンショッキング
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ ロック再入門
  • 岡留安則 “沖縄からの『書くミサイル』”「噂の真相」極東番外地編
  • 高須基仁 メディア論『裏目を読んで半目張る』
  • 田中 優 環境はエンタメだ!
  • 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風)
  • 雨宮処凛 一生バンギャル宣言!
  • 大久保佳代子 ガールズトーーーク!!!!!
  • DO THE HOPPY!!!!!