HOME > 編集無頼帖

編集無頼帖タイトル

  • サラバ歪曲青春期、ナノダ。

    サラバ歪曲青春期、ナノダ。 (2013.07.01)

    というわけで、本日からロフト系列5店舗では配布開始(全国の設置店は3日以降の配布になりそうです、すいません)のルーフトップ7月号、表紙巻頭は吉村さんなのです。 先月頭の編集会議のときに、編集...[続きをよむ]

  • 吉村さんのこと

    吉村さんのこと (2013.06.27)

    あの日から今日で丸ひと月が経った。 このひと月のことは、どうにもこうにも未だにさっぱり対象化できないでいる。 これでもだいぶ落ち着いたけど、時折、ふと、どうしようもなくなることがある。 この...[続きをよむ]

  • 師走序盤怒濤ノ三連戦

    師走序盤怒濤ノ三連戦 (2012.12.07)

    先週は怒濤の週末でありました。 まず、11月30日(金)にロフトプラスワンで開催した『ナンバーガール解散10周年記念ファン大集会!「GUY呑みリターンズ!〜シンジュクOMOIDE IN MY...[続きをよむ]

  • 血に飢えた四半世紀

    血に飢えた四半世紀 (2012.11.14)

    もはや当人ですら存在を忘れかけている当ブログ、例のファーストサーバのデータ消失事故のせいで数回がトンで、すっかりやる気をなくしかけていましたがひっそりと更新。 今日11月14日はいい石の日だ...[続きをよむ]

  • ARB 3 NIGHTS〜Live at Shinjuku LOFT, 23.24.25. July. 1999〜

    ARB 3 NIGHTS〜Live at Shinjuku LOFT, 23.24.25. July. 1999〜 (2012.01.13)

    1998年1月14日、ARBはまだ小滝橋通りにあった旧・新宿ロフトにて8年振りに活動を再開させた。石橋 凌(vo)とキース(ds)のオリジナル・メンバーに加え、元MUTE BEATの内藤幸也(g)...[続きをよむ]

  • なぜか「出会いの場」で「マイスター」

    なぜか「出会いの場」で「マイスター」 (2012.01.06)

    遅ればせながら、読者の皆様あけましておめでとうございます。 年明けの元旦早朝、実家の庭の柚子を乱獲していたところ野良猫のうんちをベッタリと踏み付けてしまった椎名です。とっても臭かったです。 そ...[続きをよむ]

  • ロフトプラスワン発、ロフトブックス編集の『団地団 〜ベランダから見渡す映画論〜』

    ロフトプラスワン発、ロフトブックス編集の『団地団 〜ベランダから見渡す映画論〜』 (2011.12.21)

    1月下旬にキネマ旬報社から刊行される『団地団 〜ベランダから見渡す映画論〜』という書籍の校了をつい先だって終えました。 去年の12月、ロフトプラスワンのトークイベントで結成された団地好きユニ...[続きをよむ]

  • I LOVE MACKSHOW Vol.0

    I LOVE MACKSHOW Vol.0 (2011.09.09)

    21年振りのCOMPLEXをドームで体感して以降、8月は疾風怒濤の日々。本誌誌面とwebのインタビューの他にタワーレコード限定配布のマックショウ小冊子取材・編集、ロフトプラスワン発“団...[続きをよむ]

  • 21年振りに見た21世紀のCOMPLEX

    21年振りに見た21世紀のCOMPLEX (2011.08.05)

    あれから早一週間、21年振りのCOMPLEXの余韻から未だに醒めないでいる。 仮に再結成をするならば事実上の解散からちょうど20周年にあたる去年が絶好のタイミングだったのではないかと余計なお...[続きをよむ]

  • 3.11以前、以後の隔世感

    3.11以前、以後の隔世感 (2011.04.27)

    親愛なる読者の皆々様、大変ご無沙汰しております。キノコホテルのマリアンヌ東雲支配人から「『音龍門』での華麗なる下僕ぶり最高でした」とお褒めの言葉を頂戴した椎名です。今や本誌の現場は若く有能なスタッ...[続きをよむ]

  • プロフィール

    椎名宗之(しいな むねゆき):音楽系出版社勤務を経て2002年1月に有限会社ルーフトップへ入社、『Rooftop』編集部に配属。現在は同誌編集局長/LOFT BOOKS編集。本業以外にトークライブの司会や売文稼業もこなす、前田吟似の水瓶座・AB型。

    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ

    • kinoko