トップ > 編集部日記 > こわれ者の祭典 / 成宮アイコ イベント > こうしてひとりごとのふりをして、あなたに話しかけ続けている

成宮アイコ編集部日記タイトル

こうしてひとりごとのふりをして、あなたに話しかけ続けている 2017.05.02

前回の初めて出演させていただいたラストワルツから、3月までの間のライブを振り返ります。誰も死なないでほしいということをいい続けるために、あいかわらずムキになってライブをしています。
 

narumiya_large.jpg


と、その前に!その前に!なんとRooftop紙面&webにて連載コラム「成宮アイコのされど、望もう」がはじまりました。ありがたい…ありがたいよ…本当にわたしが書いてもいいんですか?と何度も確認をしてしまったし、紙媒体が一番嬉しいのでぜひ、どうか、ぜひ!どうか!!!宜しくお願いいたします。
 

2月19日(日) 蒲田教会礼拝堂
PINK SHIRT DAY 2017 朗読&ライブ in 蒲田 〜差別の壁を取り外そう〜
 
ヘビーシックのライブで「教会とかでライブしてみたいなぁ」となんとなく言った言葉。それを聞いていたお客様が、なんと!ほんとうに教会の礼拝堂でのライブを実現してくださった。「いじめ防止」を呼びかけるライブイベント。
 
このまま詩(暫定)の朗読と音楽でまだやらなきゃいけないことがあるから、まだまだ頑張ろうと思った夜。そのためには世間のまな板にのなきゃお話が始まらないのだ。ちなみにこの日、大田区議会議員さんも見に来てくださっていたとのこと。
 
16864617_1108397655955921_8205827286664861172_n.jpg
16681648_1357905747600628_2019076877908016368_n.jpg
 
2月 25日 (土) よるのひるね
140文字以上のつぶやき
 
16864325_1247658958657698_5472709686564855226_n.jpg
 
botしかいないような夜中に、Twitterのタイムラインに流れてくる言葉がとても好きで、わざと「つらい」とか「消えたい」とかで検索をかけ、全然知らない人のつぶやきを眺めたりするのですが、翌朝それがツイ消しされていて「あれ? 確かに昨晩はあったのになぁ」と思うときの秘密の暗号を読み解いてしまったようなあの気持ち!とても愛おしいのです。
 
そんな、どうにもならないだだ漏れしてしまう感情をなかったことにしないでいてほしい、という気持ちで企画したカウンター達の朗読会プレイベント第一弾。詳しくはライブペイント担当のTokinちゃんのブログに書いてあります。ライブ写真はこちらです。
 
32330490323_9221a8b0ed_z.jpg
できれば、全部連れて行きたいのです。全部なかったことにしないでいたいし、誰も(自分自身も)置いていきたくない。どこにいても、例えば入院中でも、できるだけ同じ速度で同じものを見ていたい。だからいつも急いでYoutubeに動画をアップしている。画面越しに無料で見られても全然いい、なぜなら地方に住んでいる&メンタルに疾患がある当時のわたしは遠征なんて気軽にできなかったし、SNS越しに知るそれらが全てだったから。それを見て「リアルタイムで見たい、現場に行きたい」って思ってもらえるように頑張ればいいだけだから頑張る。
 
この日も恒例企画「あなたの言葉を読みます」をやったのだけど、この日はいつもの募集形式ではなく会場にいる方に直接書いてもらい、それを読み上げました。さらに、ほぼ全編をお客さまがアップしてくれているので(ライブは全て写真&動画撮影OKにしています)続きはYoutubeで。
 

 
3月 1日 (水) 代々木W 
@homesick
 
最近タッグを組んでいる青山祐己の出演ライブに、ゲストで1曲参加させてもらいました。アドリブパートでは、その日、青山くんが歌っていたタイトルを全て入れ込んでみました。素敵なワインバーで朗読させてもらえて、嬉しい夜。
 
16998233_747728578717796_3041426994100538726_n.jpg
 
 
3月 12日 (日) 無力無善寺
我々のモコモコニャンニャン
 
17309239_755393201284667_183023267483155654_n.jpg
 
10年ぶりくらいの無力無善寺…干渉深かった。あのころ一緒に無善寺にいた子がたくさんきてくれて、また一緒に座ってライブとか見て、生きて来たんだなぁ。なんだかわたしの怨念みたいなものが、まだここにいるような気がしました。
 
いつものようになめるようにお客さんを見ていたら「傷つかない人間なんていると思うなよ」を読んでいるときに全員と目が合った気がしたので、これは全員の、誰しものことなんだよ!っていう気持ちで「傷つかない人間なんて」のあとにマイクをいろいろまわして「いると思うなよ!」って言ってもらいました、ありがとうございました。
 
あと、エレキギター編成はめずらしかったので、エレキ&エフェクター&ルーパーの感じをここぞとばかりに使う「むだい」という初めて読む詩をやってみました。わたしが夜中に書き散らした恥ずかしい言葉を組み立てたもので、実際ほんとうに恥ずかしくて良かった。恥ずかしかったー(それが)良かったー。隠しておきたい感情はなかったことにしないで晒していこうね。これからもひとりごとのふりをして、あなたに話しかけるよ。
 
3月 16日 (木) おんがくのじかん
何かあったら言ってね
 
17264135_1303332793080616_8039919420583580415_n.jpg
17156058_1303332773080618_9014439346625759745_n.jpg
 
「なにかあったらいってね」って、超いいライブタイトル。何かあったらわたしが先に言うからさ、あなたも何かあったら言ってね、と思いながら読みました。これは、最近の強い願いのような気がします。(だからね、わたしが先に頼るからさ、頼ってくれたら嬉しいよ。)
 
ライブ会場「おんがくのじかん」には黒板があるのですが、そこに、わたしが前回のライブで読み捨てて忘れていった赤紙をちゃんとそこに貼っておいてくれました。人のそういう優しさのこと、忘れないでおこう。人生はバトンリレーだから、してもらってきたくさんのことをわたしがこれからの人生で、ちゃんと次につないでいこうと思っています。そのために生きてるんだぞー!
 
 
プロフィール

成宮アイコ(なるみやあいこ):ロフトプラスワンで開催している”生きづらい人間集結!”を合言葉としてお笑いを交えたパフォーマンス集団「こわれ者の祭典」メンバー。ネイキッドロフトで不定期ライブ「カウンター達の朗読会」を主催。詩や短歌を絶叫朗読するスタイル。サブカルクソ野郎のテンプレを体現していたらついうっかりロフトへ入社。サブカルってマジョリティじゃん?と錯覚する毎日。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリ

  • mamono
  • lpo