トップ > 編集部日記 > BLOG > 赤羽台団地で感傷的になったから好きなものを全力でニヤニヤして愛してやる

成宮アイコ編集部日記タイトル

赤羽台団地で感傷的になったから好きなものを全力でニヤニヤして愛してやる 2014.11.17

赤羽・写真1.jpg
定期的に行きたくなる場所、大阪の釜ヶ崎、国立科学博物館の剥製のとこ、そして…団地!団地だ!そうだ、団地へ行こう。と思い立ち大規模な公団住宅、赤羽台団地まで散歩に行ってきました。建物の1階部分が商店街になっている系団地を見たときの胸のときめきは隠しきれないもので、いくらシャッター街になっていようとも入らなくては気が済まないでしょ?そうでしょ?
 
せっかく赤羽まで行くのなら、と漫画家 清野とおるさんの「東京都北区赤羽」を読み返しながら街も歩いてみたら、さけるチーズみたいにごっちゃごちゃになって好き勝手に垂れ下がっている電線が。街にはもうクリスマスソングが流れていたけれど、これサンタ多分電線にひっかかるぜ。
 
赤羽・写真2.jpg
振り返れば、いつでも笑顔を振りまいてくれる生首。
 
赤羽・写真2-1.jpg
人がすれ違うのもギリギリの路地最高
 
ドサクサ感のある下町には個人経営の飲み屋さんがたくさんある定番の景色こそ絶景。仕込みをしているのか、魚を揚げたような油のにおいとお正月に食べる煮物みたいな実家的匂いが漂っているのでもれなくホームシックになるよ。…おかあさーん!!あ、あとおにぎりの看板が多かった。お酒とおにぎりが同列に書かれてるのなんで。
 
赤羽・写真2-3.jpg
飲み屋さんを抜けて、
この坂道をぐんぐんのぼって行くと・・
 
赤羽・写真3.jpg
赤羽台団地キタ!!!!!
すげぃ広い!超高まる!
 
赤羽・写真5.jpg
…。
お目当てだった商店街はすでに取り壊されていた
 
赤羽・写真6.jpg
まわりがどんどん新しく作り替えられていく
この建物たちも順番になくなっていくのかな

赤羽・写真4.jpg

老朽化はしかたないけれどずっと在ってほしい聖地
 
風景は移り変わってゆくので過去だけにすがりつかずにいつも好きなものを見てニヤニヤしていたいよね、の気持ちを全力で晒してこれでもかどうだこれでもか!とニヤニヤしながら歌っている姿に気付けばわたしもニヤニヤさせられているシンガーソングライターがいるのでみんなニヤニヤして世界中ニヤニヤするといいよ!!!ニヤニヤニヤニヤ28282828…ゲシュタルト崩壊しそう。
 
ma_photo_1.jpg
にやにやして聞いてもらうというテーマで活動
1993年3月生まれのマーライオンさん
 
初めて見たライブで「吹けないハーモニカを吹きます!」といってハーモニカをくわえてただ吹いたり吸ったりする音がやけに音楽に合っていて「マーライオンて名前www」と面白く見ていたはずがだんだん「この人は青春の神様かもしれない」って思えてくるのは実際にマーライオンミュージックを体験して「あぁこの気持ち知ってる!」って思って恥ずかしい気持ち消したいのにもっと掘り起こして!もっともっと!と悶えたほうがいいよ。しかも、これから三ヶ月連続アルバムリリースですって、どんだけ曲作ってんだ!まったくとんだニヤニヤだぜ!大好き!
 

 
■11月5日に3rdALBUM『吐いたぶんだけ強くなる』発売中(左)
■12月10日に4thALBUM『ボーイミーツガール』発売予定(右)
■1月7日に5thALBUM『マーto daライtodaオォォォン!!!』発売予定
 
吐いたぶんだけ強くなる.jpgのサムネイル画像 ボーイミーツガール.jpg
11月18日(火曜日) マーライオン今年2回目のワンマンライブ!
【会場】神宮前BLOCKHOUSE 
【出演】マーライオン 
【時間】open 18:00 / start 18:30 ※20:00終了予定
【料金】前売2000円 / 当日2500円(共に別途ドリンクオーダー)
 
※チケット予約は以下の2つの方法からお願い致します。 
①イベント特設予約ページ(こちら)
②ホームページのメール予約(こちら)
イベントお問い合わせ先:niyaniyarecordyoyaku@gmail.comまで 
 
 
プロフィール

成宮アイコ(なるみやあいこ):ロフトプラスワンで開催している”生きづらい人間集結!”を合言葉としてお笑いを交えたパフォーマンス集団「こわれ者の祭典」メンバー。ネイキッドロフトで不定期ライブ「カウンター達の朗読会」を主催。詩や短歌を絶叫朗読するスタイル。サブカルクソ野郎のテンプレを体現していたらついうっかりロフトへ入社。サブカルってマジョリティじゃん?と錯覚する毎日。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリ

  • mamono
  • lpo